木を知り尽くしているからこそ出来る住まいがあります

2011年06月03日

熊谷の社寺 3-2

聖天様が創建時の姿に復元された

平成15年10月に始まった聖天堂の修理工事が完成し6月1日より一般公開が始まりましたので早速見学に行ってみました。

本殿
s-IMG_2733.jpg
日光の東照宮を彷彿させる豪華な装飾

s-IMG_2721.jpg
本殿裏側の彫刻
七福神が碁や双六を楽しんでいる様子が彫られています。

s-IMG_2699.jpg
鷲が川に落ちかけた猿を救う様子が彫られています。
猿が人間の煩悩でそれを救う鷲が聖天様だといわれているそうです。

s-IMG_2713.jpg
高欄を支えている彫りものは猿ですが全て姿がちがいます。

s-IMG_2736.jpg
子供を抱いている猿

聖天堂の修復工事は創建時の姿に復元する工事でした。
物心ついたときから何度もお参りして見慣れた聖天様は彩色が全て落ちていましたので見事に復元された極彩色に煌めく姿は思わず息をのむ美しさですね。


2011.06.01 撮影
EOS5DマークU
posted by t.mazawa at 00:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | デジカメと散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。