木を知り尽くしているからこそ出来る住まいがあります

2009年05月16日

玉伐り

s-P1010942.jpg


s-P1010945.jpg


s-P1010947.jpg


s-P1010948.jpg


s-P1010953.jpg


秩父市大滝の角仲林業さんで昨年新月伐採をして葉枯らしを
行った杉丸太の玉伐り作業を見てきました。

埼玉から山梨へ抜ける彩甲斐街道から3kmほど山の中へ
入ったところでした。
この辺の山は勾配が40度ときつく原木を林道に出すのに
大変そうですが、土木工事で使う機械を改良してワイヤーを
巻き取る装置がついている重機で引き上げるのだそうです。
玉伐りした丸太は長さ4〜8m、太さは末口30〜45cm
樹齢は60年〜80年とのこと。
切り口を触ってみると、わりと乾いていました。
posted by t.mazawa at 20:43| Comment(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。